出会いは仕方ないけど奇跡でした

出会いの子供たちが残した落書きは、山の近くのコンクリートの壁に残っています。

仕方ないけど

ノスタルジックな遊具、校舎、出会い

何もない。

夏の終わりに私の会社のストリートピアノに出会えたことは奇跡でした。

出会いを求め婚活に挑んでみたが…

 

約20年。

エレクトーンに特化した、

キーボードから離れていたとしても、私は出会いの中で何かを演奏し、約1か月で直感に戻りました。

休日に、音楽店の前を通り過ぎると、指が激しく動いて周囲が見えなくなります。

この幼稚園の卒業生として、毎日の挨拶は挨拶の代わりに短時間遊ぶことです。

おなじみの落ち着いたトーン。
よく調整されていて、まだ自分のことを気にしている人がいます。

ピアノと話すとき、私は規則に従って最初に幼稚園と大会社で会社の歌を演奏します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です